ごくらびブログ

私自身関心のある分野の記事を幅広く執筆します♪

愛のカタチ

f:id:gokurab:20210924162857j:plain

 人間の世界でも合う合わないがあるように、犬にも相性と言うものはあるのだろうか?ふと思う時があるが、私はあると確信している。バディは人に対しては誰でも尻尾を振りまわし、牙を剥き出しにして吠える事は基本的にはないが、近所を散歩中【ある家のご主人とワンコ】に対しては、なぜが興奮して姿が見えなくなるまで吠えまくるのだ。もちろん散歩中は他にも犬を散歩されている方とすれ違うのだが、その時は吠えるどころか、尻尾が取れてしまうぐらい振り回す。しかし、なぜかそのご主人とそのワンコだけは穏やかなバディが豹変するのだ。そんな姿を客観的に見ているポーは、一緒になって吠える時もあれば「何吠えてんの?」と言わんばかり【しれっと】している時もある。ホント猫みたいなワンコである。

f:id:gokurab:20210924162934j:plain

 

f:id:gokurab:20210926071942j:plain

 しかし、そんな【猫のようなワンコ】ポーの可愛い一面もある。バディはとにかく散歩が好きでいつも心待ちにしているが、ポーは根っからの散歩嫌い。たまにしか散歩に行く事はないのだが、バディが散歩へ出かけてしまうと、「クンクン」と寂しそうに鼻を鳴らしながら玄関前でバディの帰りを待っているのだ。暫くしてバディが散歩から帰ってくると「おかえり〜遅かったじゃない〜」と言わんばかりバディに飛び掛かり嬉しさを表現するのだ。これが毎回散歩から帰ってくる我が家のルーティーンとなっている。そんなにいつもそばにいたいのなら一緒に散歩に行けばいいのにと、ポーに問いかけているのは言うまでもない。

f:id:gokurab:20210924163211j:plain

 そんな【猫のようなワンコ】ポーをバディも好きなんだなと思える一面がある。時々ポーがシャンプーをした後かのように顔面がビショビショに濡れいている事があるのだ。直ぐには分からなかったが、その謎はうちのソファーの上で解明された。バディがポーの毛づくろいをしてあげているのだ。私は猫しか毛づくろいしないものだと思っていたが、犬もするのだと初めは見た時は正直驚いた。自分で行う毛づくろいは汚れや異物を取り除くために行う事であるが、相手に対して行う毛づくろいは、コミュニケーションの手段の一つでもあり、それは犬なりの愛情表現ではないだろうか。愛する人が散歩から帰ってきたら飛び掛かるポーと、愛する人の顔面がビチョビチョになるくらい毛づくろいしてあげるバディの【愛のカタチ】なんです♪