ごくらびブログ

私自身関心のある分野の記事を幅広く執筆します♪

【新型ジムニー】納車から5ヶ月‼︎乗ってみたから伝えたい‼︎【後編】フラットにレビュー‼︎

f:id:gokurab:20210809211931j:plain

 

 最近街でよく見る新型ジムニーってどんな車?乗ってみたいけど納期ってどのくらいなの?外観は可愛いけど内装はどうなってるの?ジムニーって男性がよく乗る車なんでしょ?本記事では、そんな素朴な疑問をお持ちの方や、新型ジムニーの購入をご検討されている方、また、納車を心待ちにされている方へ少しでも参考になるよう前回に引き続き【新型ジムニーJB64】を紹介させて頂きます♪

[目次]

【1】内装について

【2】ヒルホールドコントロールについて

【3】ヒルディセントコントロールについて

【4】燃費について

【5】まとめ

f:id:gokurab:20210926130155j:plain

【1】内装について

 エンジンの掛け方については、【XC】と【XL】はキーレスプッシュスタート。私はMT車なので、クラッチを踏み込んでエンジンをかけます。

f:id:gokurab:20210926134236p:plain 

 ドアグリップについては、大型のドアグリップとなっており、とても握りやすいです。助手席側については、乗り降りがしやすように助手席乗降グリップがあり、これもまたとても握りやすいです。

f:id:gokurab:20210926135426j:plain

f:id:gokurab:20210926135456j:plain

 シートについては、乗り心地と安全性を両立されており、シートの座面形状とウレタン特製のチューニングと合わせて長時間走行しても疲れにくく、様々な体格でも快適なポジションで運転できると思います。ただ、うちの場合、子供たちやワンコがお構いなしに汚します…。そのうちシートカバーを購入しようかと考えております。

f:id:gokurab:20210926134921j:plain

 広さについては、3ドアでもありますし後部座席は広くはありませんが、子供や小柄な女性なら問題なく乗車できると思います。また、降りる際は、助手席側の左下にレバーがあり、足で踏むと助手席が前方へ倒れます。私の場合、基本的にはリアシートは倒しています。フラットになりますし、荷室のスペースとしてはゴルフバックが2個積載した上にボストンバックなども合わせて積載できるぐらいの広さはあるかと思います。ただし、この仕様は【XC】と【XL】に限られます。なお、フロントシートを後方いっぱいに倒せばフルフラットになりますので、いつか車中泊でもしてみようと思います。

f:id:gokurab:20210926134802p:plain

f:id:gokurab:20210926142131p:plain

f:id:gokurab:20210926142036p:plain

 ラゲッジボックスはリッド開閉式で小物などを収納できますが、あまり大きくありません。なお、ラゲッジボックスの下にはジャッキやツール類が収納されておりますが、この仕様は【XC】と【XL】に限られます。

f:id:gokurab:20210926135132p:plain

 バックドアデフォッガー(曇り止め)のコードについては、コードが剥き出しの状態で驚きました。正直、コードの断線や雨で濡れる事で直ぐ故障してしまうか心配はあります。

f:id:gokurab:20210807142854j:plain

 パワーウインドについては、私がこれまで乗ってきた車では、ドアグリップ付近についていたのですが、新型ジムニーはセンターにあります。納車当初はどこにあるのか分からず焦りました。

f:id:gokurab:20210926134706j:plain

 エアコンについては、【XC】と【XL】はフルエアコンを装備しており、0,5毎にダイヤル式で調整する事ができ、ガンガン良く効きます。なお、【XG】はマニュアルエアコンを装備しております。

f:id:gokurab:20210926135250j:plain

【2】ヒルホールドコントロールがマジ優れている 

 私はMT車にしましたが、一番心配していたのが坂道発進です。サイドブレーキを活用すれば、それはそれでどうにかなりますし慣れるしかないと思っていましたが、新型ジムニーにはその心配はもはやありませんでした。坂道停車時、【ヒルホールドコントロール】スイッチをONにすることで、坂道発進時にブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える瞬間、一時的にブレーキが作動(最長2秒間)し車体が後退しないので、落ち着いて坂道発進することができます。最近の車両にはこのような機能は標準装備されていることが多いそうですが私は全く知らなかったので、とても驚きました。この装備のお陰で安心してMT車でドライブに出掛けています。

f:id:gokurab:20210809214440p:plain

【3】ヒルディセントコントロールで下り坂も安心走行

 私はMT車なのであまり活用しないと思っていましたが、やはり山林の帰り道などの急な下り坂ではこの【ヒルディセントコントロール】のスイッチを活用しています。ブレーキを自動制御することで車両の加速をしっかり抑えることができますので安心して下り坂を走行できます。ただ作動する条件としては、【ヒルディセントコントロール】スイッチをONにして、トランスファーレバーが4Lの状態で、車速25km/h以下の場合に作動します。ただし、AT車は、シフトポジションがP(パーキング)及びN(ニュートラル)では作動しません。

【4】燃費について

 私の場合、ほぼ街乗り仕様で5ヶ月で約4,000Kmを走行した結果、平均燃費は14,3Kmでありました。まずまずの結果だったと思いますが、要因として考えられるのは、まずMT車である事や【APIO】アピオの静香御前マフラーを装備していた事がこの結果を齎したのではないかと考えます。

f:id:gokurab:20210926135903j:plain

【5】まとめ

  課題はいくつかありますが、やはり納期が長いことが一番の課題ではないでしょうか。しかしながら、待つ価値は間違いなくあると思います。私の場合、ラッキーな事に8ヶ月ほどの納期ではありましたが、待っている期間をあえて楽しみました。例えば、雑誌やYouTubeなどで様々なアイテムパーツを参考に納車前にアイテムも購入したりもしておりました。道で新型ジムニーとすれ違うと、「やっぱりカッコイイなぁ。」と納車を心待ちにしてました。とにかくジムニーの良さは、自分好みにカスタマイズできることが醍醐味だと思います。自分自身のライフスタイルに合わせて少しずつこれからもカスタマイズして楽しんで行こうと思っています。今回のレビューはほんの一部ではありますが、新型ジムニーの購入を検討されてる方や納車を心待ちにされている方へ少しでも参考になれば幸いです。

  ↓今回の YouTubeリンクです♪

https://youtu.be/e4Xyrv9oVgQ

f:id:gokurab:20211124220322p:plain

ごくらびのSNSはこちら↓ 

f:id:gokurab:20211123222211p:plain f:id:gokurab:20211123222241p:plain f:id:gokurab:20211123222339p:plain f:id:gokurab:20211123221921p:plain

おすすめ記事